はるぼーの、あれやこれや。

ソムリエ・はるぼーがお届けする、旅や、グルメ、ワインなどの情報発信ブログ。

【台湾旅行】 ド定番 九份で映画の世界へ

こんにちはーソムリエはるぼーです

親友Jennyと台湾旅行記 第3話

 

今日は台湾屈指の観光名所、九份をご紹介。

 

 

 

 

f:id:harubo-chan30:20180912133728j:image

 

九份とは?

台湾北部の新北市に位置する山あいの町。この地が観光地として有名になったきっかけがこの映画

「悲情城市 (A City of Sadness)」

台湾では空前の大ヒット!このロケ地となったことで、1990年代から九份ブームが始まったそうです。

 

またここは、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった(かもしれない)場所としてあまりにも有名ですね。その影響で特に、日本からの観光客が多く、私が行った時も、

えっ?ここ日本⁈

って思っちゃうくらい、日本語が飛び交っておりました。

 

ではさっそく街並みを見て行きましょう。

 

ノスタルジックな街並み

 

f:id:harubo-chan30:20180912133922j:imagef:id:harubo-chan30:20180912134114j:image

うんうん、提灯。こんな感じこんな感じ♪ノスタルジックな感じ、超良い♪ ちょこちょこある怪しい店も超良い♪

 

でも、、

ん?

アノ場所はどこなの?

 

九份に着いたらすぐにドカーン!っと見える物だと思っていましたが、なかなかアノ場所が見つかりません。

私とJenny、どこだどこだと食べ歩き回って2時間くらい。(ガチで探せばすぐ見つかる。)

 

やっと見つけたー!!!!! 

f:id:harubo-chan30:20180912134331j:image

 

これーーー!!!!!

 

 2人ともテンションマックス!

そして、聞こえてくる日本語もマックス!

 

私も含めみんな必死で写真撮ってます。インスタ映え~

 

ただ、

まだ明るかったのでとりあえずその場所から退散し、夕暮れを待ちつつティータイム

f:id:harubo-chan30:20180912134444j:image

にが〜い台湾ティー。でも身体に良さそう♪

 

そして、だいぶ日が沈んだところで、

もう一回アノ場所に戻ってみた。

 

でも、さすが夜景が醍醐味な場所なだけある。さっきとは比べ物にならないくらいの人、人、人!

アノ場所に辿り着くまでの道からすでに大行列

f:id:harubo-chan30:20180912134605j:image

ちんたらちんたら歩いてやっと到着。

 

でもまだ少し明るい。

 

もうちょっと待ってみた。

こんな感じ

f:id:harubo-chan30:20180912134927j:image

 

 

f:id:harubo-chan30:20180912134800j:image

 

 

もうちょっと待つか、

 

いゃ、もう疲れた。

帰ろ

 

っとまぁいつもの適当感が出たところで、九份を離れる私たちでありました。

 

f:id:harubo-chan30:20180912144734j:plain

帰り道の美しすぎる景色

 

九份までのアクセス

 台北から九份までは、電車やバス、タクシーが利用できますが、バスが断然おススメです。 

・バス乗り場

台北駅から地下鉄MRT 『忠孝復興站』で下車、2番出口を出るとすぐ、バス停があります。

『金瓜石行きバス、番号1062』に乗車

乗り換えもなしで1時間半くらいで目的地、『九份老街』というバス停に到着です。

 

ちなみに『忠孝復興站』を降りると、すぐにタクシーの兄ちゃん達に、声をかけられました。

 

ワン、ゼロ、シックス、トゥー?

ワン、ゼロ、シックス、トゥー?

タクシーのが早いヨ!バスは2時間かかるヨ!タクシー、40分ダヨ!

 

 っと誘ってきますが、料金はもちろんバスの倍以上。

はい、ノーサンキュー!で!

人数によってはタクシーのが良い場合もあるかもしれませんね。

 

九份から台北へ、帰りの秘密のバス停

帰りのバスも、行きと同じ、1062のバスです。

降りた時とだいたい同じ所にあるバス停から乗ります。←適当

 

でもこのバス停、めーーーーーーーっちゃ混みます。乗れずに次のバスが来るまで待つ。また乗れず次のバスを待つ。ってな事になりかねません。

 

そこでおススメ、秘密のバス停!(Jenny情報)

 一般的に利用されるこのバス停より更に上に5〜10分くらい歩いていくと、もう一つバス停があります。

バス停チックな感じでは無いので、見逃しそうになるし、本当にここにバス来るの?って不安になるかもしれませんが、ここは相当穴場です!(写真なくてすみません)

私たちが行った時、待ち人は2,3人くらい。

ちゃんとバスが来て、乗ってみると、中はガラガラ。

ラッキー♪

 

そしてバスはそのまま次のバス停へ。

歩いて通過したさっきのバス停には、ビックリするぐらい人でごった返しておりました。もちろん、バスは一気に満員。

 

正直、ネットで噂になってるんなら、みんな上まで来るから、どーせ同じでしょ。←出た!私の冷めた性格。

と思ってた私は全く期待してませんでした。

 

いやぁ、Jenny!ごめんなさい。

そして、ありがとう!!!!!

 

Jennyのおかげで、すんなりと台北まで戻ってこれました。

 

まとめ

いかがでしたか?

日本では有名過ぎて、行った気になってましたが(笑)、実際行くとやっぱり違うますね。←あたりまえ

皆さま、もう一度言います。

九份は夜景が醍醐味です!

 

夕方到着ぐらいでちょうどいいです。

私たちのように早く来すぎると、疲れてまぁいっか!ってなっちゃいます。笑

旅行は計画的に!

 

ではでは、台湾に来られた際はぜひ、九份まで足を運んでみてください。