はるぼーの、あれやこれや。

ソムリエ・はるぼーがお届けする、旅や、グルメ、ワインなどの情報発信ブログ。

オーストラリア おすすめラウンドルートとかかる費用

こんにちはー

 

ソムリエはるぼーです

 

【オーストラリア ラウンドのすゝめ】第3弾

前回、第2弾では‘‘ラウンド前に準備するもの’’をシェアしました。

 

www.harubo-chan.xyz

 

では今回は、どういったルートで行けばいいのか、実際どのくらいの期間や費用が必要なのかをみていきたいと思います。

 

ラウンドルート

まず、私がラウンドした実際のルートです。ラウンドやろうぜ!ってなった時、はるぼーたちは、オーストラリア東部に位置する、ラリア第3の都市、ブリスベン近郊におりました。よってラウンドはブリスベンから反時計回りにスタートすることとなります♪

何処からスタートするにせよ、この周り方が一番効率的かと思います。

 

※ポイントクリックすると場所の詳細が見れます♪

ラリアを一周するとなると、どう考えても、数百キロ同じ道を戻らないといけない場面が出てきます。地図上で言う赤色のルートですね。この往復がこれまた超大変。ですが避けて通れません。それゆえ一周を諦め、東側のみ、西側のみ等のラウンドをする方も多々います。しかーし!滅多にない機会です。ぜひ一周頑張りましょう。このルートでいくと、

運転総距離20,000キロ超!ドヒャー!!

ちなみに、タスマニアをパスしていますが、タスマニアも行きたい!という方、メルボルンからタスマニアまで、フェリーを利用できます。もちろん車も一緒に♪費用は片道$270~$400(大人2名、車代込み)季節によっても変わります。オススメフェリー会社↓↓

Spirit of Tasmania Sailing & Fares | Ferry to Tasmania

 

f:id:harubo-chan30:20180919130353j:image

期間と予算は?

走行距離20,000キロ強をなんとたったの2ヵ月弱で周ってしまいました。突っ走りすぎました・・オススメしません。

せっかくのラリアですし、ゆーっくりのんびーり、半年くらいは必要だと思います。理想は移動しながらその土地毎で季節労働をして、終わればまた移動して。ってゆーのが最高だと思います!時間に余裕がある方はぜひそーしてみて下さい♪

かかった費用はズバリ!一人$2600くらい。83円で計算して216,000円ってとこですかね。たったの22万でオーストラリア一周出来ちゃうんですよ!!!スンゴイ!!!!

ちなみに内訳

・ガソリン代....................9万円

・食費...............................10万円

・観光の為の入場料等.....1.5万円

・その他...........................1.5万円

 

 ガソリン代

やはり結構かかります。必要経費ですね。ガソリン代が安い地域でのジェリー缶補充でいくらかは違うと思います。旅仲間が多いとシェア出来るので、より抑えられます。

 宿泊費

基本、シャワーなし、トイレなしのフリーキャンプなので0円。ちなみにシャワーはプール(市民プール的な所で1人300円程)に行ったり、ビーチ横についてる水シャワーですませたり。大きな都市に入ると、フリーキャンプ場が無いので、何度かは有料のちょっと良いキャラバンパーク*1でテント泊です(1人1500円程)。2か月間ベッドの上で寝るなんて事、一度もありません!それが醍醐味なのです!!

 食費

移動中の食事は、ツナ缶と食パンがオススメ、キャンプ場では自炊が基本になると思います。でも食べるの大好きはるぼーたちは、旅の後半に食欲が爆発します。日に日に外食が多くなり、ワイナリー地帯突入の際はワインまで豪快に飲んじゃう始末。気が付いたら食費にものすごくお金がかかっていたのです。ですので、通常でしたらもう少し抑えられるかとは思いますが、物価の高い(特に外食)ラリアで10万円は安い方だと思いますけどね。

 入場料に関して

国立公園や有名な観光地となると、やはり入場料は必要です。このあと随時紹介していきたいとおもいます。

 

まとめ

今回は一例として、私がラウンドしたルートや費用をご紹介しました。

旅のスタイルはみんなそれぞれ!

・ラウンドしたいけど、もっとちゃんとしたところで寝たい!``ほぼ´´可能♪

・働きながら旅したい!出来ますよー!

・美食の旅にしたい!部がオススメ♪

・アクティビティメインがいい!全土で出来ちゃう♪

・国立公園巡りしたい!全土で出来ちゃう!

等々、本当なんでも楽しめるオーストラリア♪♪ぜひ、自分のスタイルに合わせて、計画を立ててみて下さい♪

 

ではではー!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

*1:基本、キャンピングカー用の宿泊施設ですが、施設内にはテントを張れるスペースもあります。シャワー、トイレ、キッチン有、電気も通ってます♪